<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

鎮静法とは 痛みを感じさせない歯の治療|新潟 ハート歯科クリニック

0
    鎮静法とは
     痛みは人間の性格をも変える大変恐ろしいものです。中でも歯痛は痛みの上位に位置するとても辛いものです。歯科治療中は突然の痛みに対する強い恐怖を伴う事が多く、「歯科恐怖症」と呼ばれる極端に歯科治療を恐れる人もいます.また恐怖感から過換気となり、意識を喪失したり貧血発作を起こすことも珍しくありません。一方,嘔吐反射が著しい人にとっては、治療器具を口に入れることは不可能です。そのため、リラックスして患者が歯科治療を受けられるように精神鎮静法が工夫されています。精神鎮静法は麻酔薬あるいは麻酔補助薬を使いますが、全身麻酔とは異なり、あくまでも意識を保ったまま、歯科治療に対する恐怖を取り除き、治療に臨んで頂きます。

    精神鎮静法の分類 
    笑気吸入鎮静法 :笑気ガスを使用します。笑気ガスは鼻マスクで吸入されますが、30%以下の低濃度が使用されるため安全性は高いのですが,一定濃度を安定して吸入させるのは難しいため,鎮静効果が安定しません。

    静脈内鎮静法:静脈麻酔薬のミタゾラムやプロポフォールを使用します。静脈から注入する鎮静効果が安定しますが,鎮静が深くなると全身麻酔薬の作用が強くなり呼吸が止まるため,全身麻酔に準じた事前検査と全身管理のモニター・知識・経験を必要とします。 
     当院では,強い歯科治療恐怖症,強い嘔吐反射の患者様に静脈内鎮静法を適用しています。
     静脈内鎮静法のメリット
    • 手術時の痛みや不安感、ドキドキ感が和らぎます。
    • 手術中は寝てしまったり、うとうとしてしまうため、手術時間が短く感じられます。
    • 手術中の血圧や脈拍が安定します。手術中はモニターを使用して全身の状態を把握しますので、高血圧など全身の病気が気がかりな方でも安心して治療にのぞめます。
    静脈内鎮静法が適応となる方
    歯科治療に強い恐怖をもっている方。
    リラックスして手術を受けたい方。
    高血圧、糖尿病、心臓病など全身の病気をお持ちで、手術に不安がある方。
    嘔吐反射が強く治療器具を口に入れられない方。 
    静脈内鎮静法が適応にならない方
    妊娠中の方。
    開口障害、小顎症など気道確保が困難な方。
    重篤な全身疾患をお持ちの方。
    重症筋無力症、緑内障の方。
    ハート歯科クリニック * 鎮静法について * 09:00 * comments(0) * -
    このページの先頭へ